HOME > 事業案内 > 判 定
FINE JUDGEMENT
トータルマネジメント
広報PR・イベントの企画・実施
収益力向上の企画・実施
各種活性化施策への取組み
安全・安心の運営
判 定
放 送
マネジメントサポート
システム設計
ドリームスタジアム
電子式スリット写真撮影
電子式スリットカメラ(超高精細電子式着順判定カメラ)は、電子的にゴールの通過順を撮影します。陸上や漕艇等アマチュア競技の他、ボートレースなどの公営競技にも急速に普及してきました。
フィルム式スリット写真撮影
髪の毛よりも細い約0.03mmの隙間(スリット)から、カメラの前を通過する被写体を1本のフィルムに連続的に撮影することで、正確なタイムとゴールの通過順を記録するカメラです。当社は、昭和25年にフィルム式スリットカメラの特許を取得するなど、この分野のパイオニア的な存在として知られています。
ゴールの一瞬をとらえる、
高精度テクノロジー
競輪やボートレースなどの公営競技において、ゴール着順判定は、わずかなミスもゆるされません。
当社は昭和25年のスリットカメラ開発から、フィニッシュの瞬間を正確にとらえる技術を 磨き続けてきました。
その精度と信頼性は、お客さまから高い評価をいただいております。
東京オリンピックに向けてスリットカメラの活躍を伝えた
昭和36年9月23日の記事(読売新聞抜粋) →
着順判定写真
当社のコアテクノロジーの一つが、スリットカメラ技術。フィルム式・電子式の二種があり、その機能と精度は年々進化しています。 また、その他のさまざまな映像機器・システム機器を通じて、徹底した正確性が要求される公営競技の判定業務をサポートしています。
中央塔リモコンカメラ・サイドカメラ 瞬間再生装置
確定放送システム ITVシステム
上がりタイム測定システム 審判通話装置
ボートレース審判判定補助VTRシステム
コピーライト

このサイトは日本写真判定株式会社により管理・運営されています。
本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用・無断リンクを禁止します。

サイクルスター

PAGE TOP